安く遠くへ行きたいなら

「趣味は旅行」そうは言っても、時間や費用が必要になる旅行、そう頻繁に行けるものではありません。まして家族を持てば、人数分の費用がかかり、出かけても車で行ける近場のみ…そんな人も少なくないでしょう。 「たまには遠くまで行きたいな」そんなことを思っているなら、フェリーを活用してみませんか?豪華な客室を選んだ場合など、他の交通手段より高くなることがありますが、最も安い客室なら夜行バスとあまり変わらない料金で、個室を利用しても新幹線や飛行機より安く利用できるケースがほとんど。曜日や季節による料金の変動が少なく、豊富な割引制度があるのも魅力の1つです。

 

時間を有効活用できる

現在、国内では北海道から九州まで合計14の長距離フェリーの航路があり、片道10時間以上かかる場合もあります。ただ、時間がかかる分多くのフェリーは夜行便。例えば、大阪・南港発、福岡・新門司港着の航路なら、夜7時50分の便に乗れば、到着は翌朝の8時30分。朝には目的地に着き活動できるので、時間が有効に使えます。船を降りたら、在来線に乗り換えて山口県へ。SNS映えすると話題のパワースポット「元乃隅稲荷神社」への旅なんていかがでしょうか。

 

意外に快適?!フェリーの旅

船内ではすることがなくて退屈?!いえいえ、船内には無料で利用できる展望風呂のほか、レストラン、ゲームセンターなど充実した施設があります。海と共に夕日や朝日が見られることもあり、旅行ならではの「非日常感」が味わえそうです。またどんなに安い客室でも横になって休め、マイカーを積むこともできます。 時と場合によっては、有効な旅の移動手段になってくれるフェリー。上手に活用して、まだ行ったことのない場所へ出かけてみませんか。