格安航空券のシステムを知ろう

国内へも国外へも飛行機で格安で行けるようになりました。格安航空券を使えばほんの数千円から一万数千円程度で旅行に行くことができます。ただ、格安航空券を買って使ってみた結果、実は大損をしてしまったという人もいるので気をつけましょう。料金のシステムがどうなっているかを理解した上で使用することが大切なのです。基本的には格安航空券は最低限のサービスしか付帯しないようになっていて、いろいろなサービスを有料で追加するシステムになっています。例えば荷物を預けるのに料金がかかったり、座席指定がオプションになっていたりするのです。この点を理解しておかないと格安航空券が高額チケットになることもあるのです。

 

特に重要な荷物の確認

特に高額になってしまいやすいのが受託手荷物です。手荷物を預ける料金は大手の場合にはチケット代に含まれていますが、格安航空券の場合には別料金になります。行きに比べて帰りは荷物が増えてしまいやすいので気をつけましょう。お土産を買っているうちに荷物が増えてしまい、機内に全て持ち込めなくなってしまうことがよくあります。重さ、大きさ、個数という全ての条件を満たしていないと機内に持ち込むことはできません。そして、この三つのパラメーターに応じて受託手荷物の料金も設定されているので、たくさん預けることになると莫大な料金がかかってしまうこともあるのです。飛行機で旅行に行くときには帰りの荷物の量をよく考えるようにしましょう。